ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2019.01.19 高塚山

九重には何度も通っているが、高塚山は初めて。

無料駐車場に止めて出発。

 

f:id:solohiker:20190119173211j:plain

 

 

「おいちゃん家」は下山時も閉まっていた。

既に閉店している?

f:id:solohiker:20190119173218j:plain

 

 

登山口に受付があるが、早朝のため無人

下山時も閉まっていたので、土日は誰もいないのかも。

f:id:solohiker:20190119173226j:plain

 

 

登山客、観光客はこの受付で100円払うようで

投入口から100円を投入。

f:id:solohiker:20190119173234j:plain

f:id:solohiker:20190119173244j:plain

f:id:solohiker:20190119173255j:plain

 

 

進み始めてすぐに分岐がある。

 

とりあえず、右に進んでかくし水方面に。

f:id:solohiker:20190119173304j:plain

 

 

最初はフラットなトレイルで快適。

f:id:solohiker:20190119173312j:plain

f:id:solohiker:20190119173320j:plain

f:id:solohiker:20190119173331j:plain

f:id:solohiker:20190119173339j:plain

 

 

ここを過ぎるとすぐにかくし水。

f:id:solohiker:20190119173348j:plain

 

 

この案内杭を見て左を見ると、かくし水。

f:id:solohiker:20190119173357j:plain

 

 

今日は水は流れていなかった。

f:id:solohiker:20190119173407j:plain

f:id:solohiker:20190119173419j:plain

 

 

さらに進むと平らな土地が現れ、そこがソババッケだった。

f:id:solohiker:20190119173427j:plain

f:id:solohiker:20190119173439j:plain

f:id:solohiker:20190119173448j:plain

 

 

ソババッケの先に分岐が現れるが、今回は高塚山を目指すので直進。

f:id:solohiker:20190119173458j:plain

f:id:solohiker:20190119173508j:plain

f:id:solohiker:20190119173519j:plain

f:id:solohiker:20190119173529j:plain

f:id:solohiker:20190119173542j:plain

 

 

「ここは風穴」の案内杭があるそばに、風穴がある。

f:id:solohiker:20190119173553j:plain

f:id:solohiker:20190119173603j:plain

f:id:solohiker:20190119173613j:plain

 

 

閉所恐怖症のため中には入れず。

f:id:solohiker:20190119173623j:plain

 

 

小腹が空いたので、パワーバーでパワー補給。

スニッカーズの方が美味しい。

f:id:solohiker:20190119173632j:plain

 

 

風穴から先は、急なガレ場が続き、何度も脚が止まる。

f:id:solohiker:20190119173753j:plain

f:id:solohiker:20190119173802j:plain

 

 

天狗別れを示す案内板。

この案内板の先に天狗別れがあるが、その途中に高塚山への案内板があるので、そちらに登っていく。

f:id:solohiker:20190119173813j:plain

f:id:solohiker:20190119173827j:plain

f:id:solohiker:20190119174032j:plain

 

 

それにしても良い天気。

こんな日に山に登れて最高だった。

f:id:solohiker:20190119174041j:plain

f:id:solohiker:20190119174058j:plain

 

 

高塚山。

狭い山頂で、腰を下ろす場所もなく、すぐに天狗岩を目指す。

f:id:solohiker:20190119174109j:plain

f:id:solohiker:20190119174121j:plain

f:id:solohiker:20190119174135j:plain

f:id:solohiker:20190119174146j:plain

 

 

先ほどの天狗別れを示す案内板どおりに進んでいくと、本当の天狗別れに到着。

f:id:solohiker:20190119174155j:plain

 

 

天狗岩方面に。

大きな岩をよじ登りながら進んでいく。

f:id:solohiker:20190119174205j:plain

f:id:solohiker:20190119174215j:plain

 

 

天狗岩に。

ここでも休まず、すぐに下山を開始したが、どの道を来たか分からなくなってしまい、5分ほどロスしてしまった。

f:id:solohiker:20190119174224j:plain

 

 

何とか下まで降りて、後はテープに従って来た道を戻る。

帰りは男池方面に足を伸ばした。

まあ、水はキレイだが、長く鑑賞するほどでもない気がする。

f:id:solohiker:20190119174233j:plain

f:id:solohiker:20190119174244j:plain

f:id:solohiker:20190119174254j:plain

f:id:solohiker:20190119174305j:plain

 

 

5時間40分の山行。

天気も良く、とても楽しい山行だった。

雪が積もった時にもう一度挑戦してみたい。

 

 

【タイム】

7:12登山口 ~ ?かくし水 ~ 8:03ソババッケ~ 9:00風穴 ~ 10:00高塚山 ~ 10:15天狗別れ ~ 10:30天狗岩 ~ 11:27風穴 ~ 12:10ソババッケ ~ 12:30かくし水 ~ 12:52登山口

 

 

2019.01.13-14 霧島連山(韓国岳~高千穂峰)

1月の3連休は、2日目から霧島連山へ。

といっても、多くのルートが規制で登れないため

大浪池ルートで韓国岳に。

 

午前7時半頃に登山口に着いたが、結構な数の車が

止まっていた。

f:id:solohiker:20190114174127j:plain

 

 

駐車場そばの登山口から登り始める。

f:id:solohiker:20190114174134j:plain

f:id:solohiker:20190114174143j:plain

f:id:solohiker:20190114174148j:plain

 

 

整備されたトレイルが続く。

f:id:solohiker:20190114174157j:plain

f:id:solohiker:20190114174203j:plain

 

 

30分ほどで大浪池に。

東回りコースと西回りコースがあり

今回は東回りで行き、西回りで帰ることにした。

f:id:solohiker:20190114174211j:plain

f:id:solohiker:20190114174222j:plain

 

 

池回りは最初に登って途中が平ら、最後に下る感じ。

f:id:solohiker:20190114174230j:plain

f:id:solohiker:20190114174240j:plain

f:id:solohiker:20190114174247j:plain

 

東回りルートと西回りルートが合流するところに

避難小屋がある。

f:id:solohiker:20190114174256j:plain

 

 

そこから韓国岳を目指す。

f:id:solohiker:20190114174307j:plain

 

 

山頂近くで樹氷がわずかに見られた。

f:id:solohiker:20190114174324j:plain

f:id:solohiker:20190114174336j:plain

f:id:solohiker:20190114174348j:plain

 

 

登頂。

f:id:solohiker:20190114174405j:plain

 

f:id:solohiker:20190114174437j:plain

f:id:solohiker:20190114174457j:plain

f:id:solohiker:20190114174511j:plain

f:id:solohiker:20190114174527j:plain

 

 

帰りは池の西回りルートを選択。

f:id:solohiker:20190114174542j:plain

f:id:solohiker:20190114174555j:plain

 

 

 

以前の雨のせいか、ぬかるんでいる箇所もあった。

f:id:solohiker:20190114174608j:plain

 

 

 

 

下山時、既に駐車場は満杯で、付近の車道脇にも

車が止まっている状態だった。

 

 

まだ、昼前であり、明日予定していた高千穂峰に行くか

迷ったが、観光に切り替えた。

しかし、霧島市で気になったのは霧島神社のみ。

そこで、霧島神社に向かうが、結構な人と車。

f:id:solohiker:20190114214249j:plain

f:id:solohiker:20190114214309j:plain

f:id:solohiker:20190114214325j:plain

f:id:solohiker:20190114214337j:plain

f:id:solohiker:20190114214349j:plain

 

 

 

この後、温泉街に行き、昼食を。

この店でチキン南蛮定食を食べたが、肉が柔く量もまあまあで満足。f:id:solohiker:20190114214529j:plain

f:id:solohiker:20190114214403j:plain

f:id:solohiker:20190114214606j:plain

 

 

 

この後、安い銭湯に入り、道の駅霧島で車中泊

小さな道の駅だが、4,5台ほど車中泊組がいた。

f:id:solohiker:20190114214658j:plain

f:id:solohiker:20190114214725j:plain

 

 

 

2日目。

7時ころに高千穂河原ビジターセンターに到着。

ゲートは開いているので、駐車場に車を止めて出発した。

f:id:solohiker:20190114214643j:plain

f:id:solohiker:20190114215052j:plain

 

 

鳥居をくぐって直進すると、登山口に至る。

f:id:solohiker:20190114215107j:plain

f:id:solohiker:20190114215134j:plain

f:id:solohiker:20190114215338j:plain

f:id:solohiker:20190114215402j:plain

 

 

トレイルを進む。

f:id:solohiker:20190114215412j:plain

f:id:solohiker:20190114215429j:plain

 

 

途中、砂地があり、ローカットだと砂が入るかも。

f:id:solohiker:20190114215450j:plain

f:id:solohiker:20190114215845j:plain

 

 

この後、ゴツゴツしたルートを進む。

f:id:solohiker:20190114215504j:plain

f:id:solohiker:20190114215521j:plain

f:id:solohiker:20190114215534j:plain

f:id:solohiker:20190114215551j:plain

f:id:solohiker:20190114215609j:plain

 

 

最後の登りの前にも鳥居がある。

f:id:solohiker:20190114215620j:plain

f:id:solohiker:20190114215638j:plain

 

 

やがて山頂。

 

 

天の逆鉾は直接触れることはできないが、思ったより

小さい感じ。

f:id:solohiker:20190114215657j:plain

f:id:solohiker:20190114215712j:plain

f:id:solohiker:20190114215729j:plain

f:id:solohiker:20190114215741j:plain

f:id:solohiker:20190114215751j:plain

f:id:solohiker:20190114215802j:plain

f:id:solohiker:20190114215813j:plain

 

 

この後、下山。

車にはしっかり駐車場代を請求する札がはさまれていた。

f:id:solohiker:20190114215822j:plain





【タイム】
初日(韓国岳

 7:35大浪池登山口 ~ 8:05大浪池

~ 8:44避難小屋 ~ 9:28登頂

~ 9:32下山開始 ~ 10:55下山

二日目(高千穂峰

 7:05高千穂河原ビジターセンター

~8:29高千穂峰 ~ 9:32下山

 

※支出

・ガソリン代~6595円(霧島はガソリン代が

 高い。地元よりリッターで20円!も高かった)

・高速代~3280円

・飲食代~1585円(自宅から酒を持っていき

 車内で飲んだので、今回はコンビニで買ったつま

 みや菓子パン・おにぎりなど)

・銭湯~360円(「カジロが湯」を利用。安い

 だけあって、何もなかった)

2019.01.06 杵島岳、烏帽子岳

登り初めは阿蘇の中岳・高岳にしようと登山口に向かうが

明らかにガスが登山道に流れ込んでおり、即中止決定。

 

f:id:solohiker:20190106141058j:plain

f:id:solohiker:20190106141108j:plain

 

 

ここから九重に移動するのも面倒なので

杵島岳に登ることにした。

f:id:solohiker:20190106141116j:plain

 

 

杵島岳に登るのは何年ぶりか。

トレイル上に牛のフンばかりという

マイナスのイメージしかなかったが

今回は遭遇せず。

f:id:solohiker:20190106141126j:plain

 

 

舗装道と階段をゆっくり登り進む。

f:id:solohiker:20190106141134j:plain

f:id:solohiker:20190106141148j:plain

f:id:solohiker:20190106141158j:plain

f:id:solohiker:20190106141206j:plain

f:id:solohiker:20190106141214j:plain

 

 

するとあっという間に登頂。

f:id:solohiker:20190106141222j:plain

 

 

これで終わるのは物足りないので

次に烏帽子岳を目指した。

f:id:solohiker:20190106141232j:plain

f:id:solohiker:20190106141241j:plain

f:id:solohiker:20190106141252j:plain

 

 

こちらもすぐに登頂。

多少息は切れたが、汗をかくことはなかった。

f:id:solohiker:20190106141302j:plain

f:id:solohiker:20190106141314j:plain

f:id:solohiker:20190106141324j:plain

f:id:solohiker:20190106141336j:plain

f:id:solohiker:20190106141344j:plain

f:id:solohiker:20190106141354j:plain

f:id:solohiker:20190106141402j:plain

f:id:solohiker:20190106141411j:plain

 

 

【タイム】

7:35展望所駐車場発 ~ 8:13杵島岳登頂

~ 8:40烏帽子岳登山口 ~ 9:20烏帽子岳登頂

~9:53登山口着 ~9:56展望所駐車場着

2018.12.29 石鎚山

登り納めは石鎚山と決めてフェリーで四国に。

前日28日に道の駅瀬戸農業公園にて車中泊

確かにメロディーが夜はうるさい。

もう少し行くと、グーグルマップで出てこない

新しい道の駅があったので、そっちが良かったかも。

 

f:id:solohiker:20190103161227j:plain

f:id:solohiker:20190103161245j:plain

 

 

 

 

29日、京屋旅館の駐車場に止める。

700円。無駄に高いので、そばの駐車場に

止めるべし。

 

f:id:solohiker:20190103161252j:plain

 

 

この時期はロープウェイの始発が8時40分なので

その時間に合わせて駐車場を出る。

f:id:solohiker:20190103161303j:plain

f:id:solohiker:20190103161311j:plain

f:id:solohiker:20190103161318j:plain

 

 

すぐにロープウェイ乗り場着。

往復チケットを購入。

 

f:id:solohiker:20190103161325j:plain

f:id:solohiker:20190103161334j:plain

 

f:id:solohiker:20190103161340j:plain

f:id:solohiker:20190103161355j:plain

 

 

上の駅では積雪数センチ。

アイゼンなしで登り初める。

f:id:solohiker:20190103161404j:plain

f:id:solohiker:20190103161415j:plain

f:id:solohiker:20190103161423j:plain

f:id:solohiker:20190103161432j:plain

f:id:solohiker:20190103161440j:plain

f:id:solohiker:20190103161452j:plain

f:id:solohiker:20190103161506j:plain

f:id:solohiker:20190103161517j:plain

f:id:solohiker:20190103161527j:plain

f:id:solohiker:20190103161540j:plain

f:id:solohiker:20190103161551j:plain

f:id:solohiker:20190103161600j:plain

f:id:solohiker:20190103161613j:plain

f:id:solohiker:20190103161631j:plain

f:id:solohiker:20190103161641j:plain

f:id:solohiker:20190103161651j:plain

f:id:solohiker:20190103161701j:plain

f:id:solohiker:20190103161734j:plain

 

 

今回、天気は良好で積雪は少なく、コンディションは

すごく良かったが、鎖場は試しの鎖のみ。

ノーストック、軽アイゼン、かつ自分の技量では無理だった。

まあ、試しの鎖を登れただけ良しとする。

 

f:id:solohiker:20190103161744j:plain

f:id:solohiker:20190103161757j:plain

f:id:solohiker:20190103161809j:plain

f:id:solohiker:20190103161819j:plain

f:id:solohiker:20190103161830j:plain

f:id:solohiker:20190103161846j:plain

f:id:solohiker:20190103161856j:plain

f:id:solohiker:20190103161910j:plain

 

 

途中、避難小屋が出来ていた。

f:id:solohiker:20190103161922j:plain

f:id:solohiker:20190103161932j:plain

f:id:solohiker:20190103161944j:plain

f:id:solohiker:20190103162001j:plain

 

 

やがて登頂。

f:id:solohiker:20190103162013j:plain

f:id:solohiker:20190103162029j:plain

f:id:solohiker:20190103162039j:plain

 

 

天狗岳は無理。

12本刃でないと、恐怖心を抑えきれない。

f:id:solohiker:20190103162048j:plain

f:id:solohiker:20190103162103j:plain

f:id:solohiker:20190103162111j:plain

 

 

 

結局、長い時間を掛けて遠征したものの

小心者ゆえ、天狗岩やその先には行けなかった。

 

 

 

 

 

※結局、雪は少なくて残念。

まあ、少しだけ雪と戯れて良かったか。

 

 

【Time】

12月28日

 20:20就業~2050自宅発~23:00佐賀関港発~0:15三崎港着

 ~00:35道の駅瀬戸農業公園着(泊)

12月29日

 4:50道の駅発~7:25登山口着・朝食~8:15登山口発

 ~8:20ロープウェイ駅着~8:40ロープウェイ駅発

 ~8:50ロープウェイ駅着・発~9:10成就~10:00試しの鎖

 ~10:52夜明峠~11:05一の鎖~11:20二の鎖

 ~11:45三の鎖空~11:53石鎚山~12:00下山開始

 ~13:40成就~14:02ロープウェイ乗り場~14:25ロープウェイ着

 ~15:00P着

 

※まとめ

 食事関係0 ガソリン11020 高速 8520

 フェリー13290 その他1930

 ロープウェイ1950 駐車場代700

トータル31620円

 

2018.11.24 観海アルプス(高舞登山~二弁当峠)

9月に一度挑戦したが、トレイルの到るところに蜘蛛の巣があり

顔にかかって登山に集中できずに途中で下山してしまった。

 

11月後半になってグッと寒くなり、もう蜘蛛の活動も

低下しているだろうと再挑戦。

土曜日なのでバスの始発は1時間遅く、登山口に着いたのは

午前8時になった。

 

f:id:solohiker:20181125073138j:plain

f:id:solohiker:20181125073144j:plain

 

 

先ずは高舞登山。

f:id:solohiker:20181125073152j:plain

f:id:solohiker:20181125073201j:plain

f:id:solohiker:20181125073208j:plain

f:id:solohiker:20181125073218j:plain

f:id:solohiker:20181125073226j:plain

f:id:solohiker:20181125073242j:plain

 

 

今回は蜘蛛の巣とは無縁の快適な山行。

f:id:solohiker:20181125073252j:plain

f:id:solohiker:20181125073303j:plain

 

 

おそらくこのあたりが金比羅山?

この近くに展望台の案内柱はあったが

山頂へと案内する案内板はなく

山頂を踏まずに通過してしまった。

f:id:solohiker:20181125073320j:plain

f:id:solohiker:20181125073327j:plain

f:id:solohiker:20181125073352j:plain

 

苓東山。単に木にプレートが掛けられているだけで

見過ごすところだった。

f:id:solohiker:20181125073404j:plain

 

 

牟田峠。

f:id:solohiker:20181125073413j:plain

f:id:solohiker:20181125073441j:plain

f:id:solohiker:20181125073448j:plain

f:id:solohiker:20181125073457j:plain

f:id:solohiker:20181125073509j:plain

 

 

蕗(つわ)岳手前の展望所。

f:id:solohiker:20181125073517j:plain

f:id:solohiker:20181125073527j:plain

f:id:solohiker:20181125073539j:plain

 

 

前回は最初から蜘蛛の巣がビッシリだったので即、断念したが

今回はつわ岳に登ることにした。

f:id:solohiker:20181125073551j:plain

f:id:solohiker:20181125073601j:plain

 

 

分岐の案内板から約5分でつわ岳。

プレート等はなし。

f:id:solohiker:20181125073611j:plain

 

 

次は鋸岳を目指す。

f:id:solohiker:20181125073623j:plain

f:id:solohiker:20181125073635j:plain

f:id:solohiker:20181125073644j:plain

 

 

分岐の案内板から16分で鋸岳山頂。

f:id:solohiker:20181125073653j:plain

f:id:solohiker:20181125073706j:plain

 

 

次に、前回、最後の山となった白岳を目指す。

f:id:solohiker:20181125073715j:plain

f:id:solohiker:20181125073725j:plain

分岐の案内板から10分で登頂。

f:id:solohiker:20181125073736j:plain

f:id:solohiker:20181125073750j:plain

 

 

ここで昼食休憩。

160円近くしたパンを半分食べる。

f:id:solohiker:20181125073801j:plain

 

 

白岳を下り、キャンプ場を抜けて舗装道に出た後

そのまま下っていく。

ここで初めて水場の案内を見つけた。

f:id:solohiker:20181125073811j:plain

 

 

この後、二弁当峠の案内板が現れるのでトレイルに入るが

結局、元の舗装道と合流する。

f:id:solohiker:20181125073824j:plain

f:id:solohiker:20181125073834j:plain

f:id:solohiker:20181125073854j:plain

 

 

この先もトレイルと舗装道が並走する感じで

舗装道を歩いた方が体力が温存できそうだが

せっかくなのでアップダウンが激しいトレイルを

選んで歩いた。

f:id:solohiker:20181125073907j:plain

f:id:solohiker:20181125073918j:plain

f:id:solohiker:20181125073930j:plain

f:id:solohiker:20181125073939j:plain

f:id:solohiker:20181125074059j:plain

 

 

午後1時半過ぎに二弁当峠に到着。

f:id:solohiker:20181125074110j:plain

f:id:solohiker:20181125074120j:plain

 

 

二弁当峠にある案内板を見ると、念珠岳や龍ヶ岳はまだまだ先。

ここで色々と検討してみると

  ・日帰り予定なので、火器もテントも寝袋も防寒衣もない

  ・そもそも食料の用意を忘れて、途中のコンビニで

   買ったパンのみ

  ・久しぶりにブーツを履いて靴ずれができているのに

   放置したので痛みがひどくなってきている

など、断念する理由がいっぱい。

という訳で、本日の山行はここで終了とし、次回、この場所から

龍ヶ岳まで登ることに決定。

f:id:solohiker:20181125074132j:plain

 

 

国道まで下り、バス代をケチって車を止めた竜ヶ岳登山口バス停まで

徒歩約2時間。

 

その後、車で大空食堂に向かい、ちゃんぽん(800円)を注文した。

f:id:solohiker:20181125074152j:plain

f:id:solohiker:20181125074143j:plain

 

上の具は熱々だが、スープと麺がぬるくなっている。

併せて食べればちょうど良いのかもしれないが

全部熱々でないと。

残念ながら次回はない。

 

 

【タイム】

 7:26竜ヶ岳登山口バス停 ~ 8:00高舞登山公園登山口

~ 8:16高舞登山 ~ 9:18苓東山 ~ 9:31牟田峠

~ 10:21蕗岳 ~ 10:57鋸岳 ~ 11:35白岳

~ 13:25二弁当峠

2018.11.18 黒岩山・泉水山

九重はしょっちゅう来ているが、黒岩山などは登ったことがなかった。

ということで、牧の戸に車を止め、展望所方向に進む。

f:id:solohiker:20181118130440j:plain

f:id:solohiker:20181118130449j:plain

 

 

展望所右奥にトレイルがある。

f:id:solohiker:20181118130457j:plain

f:id:solohiker:20181118130511j:plain

 

 

霜柱。

f:id:solohiker:20181118130519j:plain

 

 

トレイルは基本1本道。

所々にテープ(リボン?)がある。

f:id:solohiker:20181118130528j:plain

f:id:solohiker:20181118130539j:plain

 

 

あっさり黒岩山。

f:id:solohiker:20181118130547j:plain

 

f:id:solohiker:20181118130612j:plain

f:id:solohiker:20181118130625j:plain

f:id:solohiker:20181118130635j:plain

 

 

 

ここの分岐は左へ。f:id:solohiker:20181118130647j:plain

f:id:solohiker:20181118130703j:plain

 

 

上泉水山。

f:id:solohiker:20181118130719j:plain

f:id:solohiker:20181118130732j:plain

f:id:solohiker:20181118130748j:plain

f:id:solohiker:20181118130759j:plain

f:id:solohiker:20181118130838j:plain

 

 

下泉水山。

f:id:solohiker:20181118130810j:plain

 

 

 

激しいアップダウンはないが、面白みに欠けるルートだった。

 

【タイム】

 6:30 牧の戸駐車場発 ~ 7:03 黒岩山 ~ 7:45 上泉水山

 ~ 8:11 下泉水山 ~ 9:36 牧の戸駐車場 

【山道具】Woops Iron SOLO UL

ヒロシ氏の動画を見て鉄板が欲しくなり、早速購入。

メーカーまで同じかは分からないが形は同じ。

 

小さくて軽いものを選んでみた。

f:id:solohiker:20181117184148j:plain

f:id:solohiker:20181117184156j:plain

f:id:solohiker:20181117184204j:plain

 

 

鉄板のほか、取っ手とヘラが付いている。

f:id:solohiker:20181117184218j:plain

f:id:solohiker:20181117184231j:plain

 

 

説明書を読むと、先ずはシーズニングをしろとのこと。

f:id:solohiker:20181117184240j:plain

 

 

とりあえず焼いて洗剤で洗い、さらに焼いて薄く油を敷く。

その後、クズ野菜を焼いてから洗剤で洗い、オイルを塗れば終了。

クズ野菜などないので、2回焼いてシーズニング終了とした。

f:id:solohiker:20181117184247j:plain

 

 

給料前ということで贅沢ができず、魚肉ソーセージを焼いてみる。

f:id:solohiker:20181117184255j:plain

 

まあ、普通の味。

f:id:solohiker:20181117184302j:plain

 

 

 

ただ、流石に魚肉ソーセージ1本では腹が満たされないので

来週のお弁当で使う予定の鶏むね肉を焼いてみた。

f:id:solohiker:20181117184309j:plain

f:id:solohiker:20181117184319j:plain

 

 

焼き立てを食べるから間違いない。

f:id:solohiker:20181117184331j:plain

 

 

 

食事が済んだら、洗って焼いてオイルを塗り、商品についていた紙袋に入れてから収納する。

なお、もう洗剤を使ってはいけないので、こびりつきはヘラ等でこすって落とす。

 

さて、今日は家で使ったが、今後はどう使うか。

鉄板だけで550グラム超。

山に抱えていくには重い。

とりあえず、一度、坊がつるなどで試してみよう。

 

なお、今回はVARGOのヘクサの上に載せたが、火力調整や消火のために

鉄板に取っ手を差し込んだりする時に不安定だった。

 

P153(ガスバーナー)の方が良いかもしれない。