ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2018.03.18 鞍岳(パノラマコース) 

花粉症で鼻水が止まらないが、体がなまってしまうので今回は簡単に登れる鞍岳へ。

 

倉岳には森林コースとパノラマコースがあり、いつも森林コースを利用しているので、今回はパノラマコースを選んだ。

 

ただ、パノラマコースといっても特に途中の景色が良いわけではない。

何度かパノラマコースを登っているが、どこの眺めが良いのか未だにわからないでいる。

 

しかし、森林コースと同様、急な登りもなく軽い運動としてちょうど良い。

 

問題は駐車スペースが限られていること。

四季の里旭志を過ぎて、途中の二股を左に進むと登山口にたどり着く。(右に行けば森林コースの登山口へ)

 

パノラマコースの場合、登山口そばの道路脇に数台止められるが、ここに止められないと、四季の里旭志の駐車場に止めて結構歩くことになる。

 

なお、森林コースの駐車場も10台ほどしか止められない。

道路脇に無理して止めることもできるが、それも数台だけ。

 

ただ、もともとパノラマコースを選ぶ人は少なく、今回も登山口そばのスペースには1台も車が止まっていなかった。

f:id:solohiker:20180318153458j:plain

f:id:solohiker:20180318153543j:plain

f:id:solohiker:20180318153558j:plain

 

 

テープに従って登り進める。

基本1本道であり、テープも適度にあるので迷うことはないと思う。

f:id:solohiker:20180318153612j:plain

 

歩きながらできるだけ周囲を見て食べられそうな植物を探すようにしているが、元々存在しないのか、見る目が養われていないためか、見つけきれない。

タラの木は数本見つけたが、芽が出るのはまだ先。

結局、食料は見つからなかった。

f:id:solohiker:20180318153642j:plain

 

 

鞍岳とツームシ山との分岐地点。

今回は気軽な運動なので、鞍岳のみとする。

f:id:solohiker:20180318153657j:plain

 

 

この岩の写真を何でとったか不明。

名称の付いた岩だったか。

f:id:solohiker:20180318153713j:plain

 

 

途中で撮影した遠景はこれくらい。

これがパノラマ?

良い眺めとは言えない気がする。

他にも遠くを望める場所はあったと思うが、思い出せない。

写真を撮っていないので、やはりこの写真の眺めしかなかったのかもしれない

f:id:solohiker:20180318153724j:plain

 

 

最後のほうで森林コースと合流する。

馬頭観音に行くためには、少し森林コースを戻る必要がある。

f:id:solohiker:20180318153742j:plain

 

 

特に汗をかくことなく鞍岳山頂に到着。

f:id:solohiker:20180318153750j:plain

 

 

当然かもしれないが、山頂が一番眺めが良い。

天気も良く周囲がきれいに見渡せた。

f:id:solohiker:20180318153800j:plain

f:id:solohiker:20180318153813j:plain

f:id:solohiker:20180318153823j:plain

f:id:solohiker:20180318153836j:plain

 

この後、下山。

遠方から来た人などは、近くの四季の里旭志で温泉につかったり、食事をすることもできる。

ちなみに四季の里旭志にはバーベキュースペースや遊具などもあるので、家族連れなら結構 楽しめるかも。

 

自分はすぐに帰宅することにしたが、登り1時間20分、下り1時間弱の山行で

良い気分転換になった。