ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2018.05.12 由布岳(東峰)

今日は天気にも恵まれ、由布岳に登ることにした。

しかし、前夜に飲み過ぎて酒が残ってしまい、出発が遅れた。

飲まなければいいものを、どうしても飲んでしまう。反省。

 

ということで自宅を出るのが遅れる。

そして午前8時過ぎに正面登山口に着いたら、既に無料駐車場は満杯。

この時間だと、ちょっと待っても飽きそうにない。

 

そこで道向かいの有料駐車場の誘導員の手招きに導かれて入ろうとしたが、何と駐車料金は500円!!!

まあ、いろいろな山の施設の整備に充てられるので当然の料金なのだが、こちらは朝食も昼食もコンビニの100円パン1個のみなのに500円を出すのはとても有り得ない。

 

かなり迷ったが、500円は出せないので東登山口から由布岳を目指すことにした。

 

正面登山口から東登山口まではそれほど離れていない。

f:id:solohiker:20180512182858j:plain

 

 

ただ、こちらは無料だが、駐車スペースは無く、道路脇に止める形。

駐禁の可能性があるかもしれない。

とりあえず、できるだけ道路の端っこに止めて登山開始。

 

 

案内によれば、東方頂上付近に空洞があって危険とのこと。

f:id:solohiker:20180512182915j:plain

f:id:solohiker:20180512182939j:plain

f:id:solohiker:20180512182955j:plain

f:id:solohiker:20180512183006j:plain

 

 

とにかく登り始めて、ひたすら登り続ける。

キツイ登りはないが、ずっとつづらスタイルで登っていく。

 

f:id:solohiker:20180512183018j:plain

f:id:solohiker:20180512183029j:plain

f:id:solohiker:20180512183047j:plain

f:id:solohiker:20180512183058j:plain

f:id:solohiker:20180512183116j:plain

f:id:solohiker:20180512183126j:plain

f:id:solohiker:20180512183140j:plain

 

実感として、登りの5分の4は、つづらで登っていく。

その後、残りがロープ場、鎖場となる。

 

 

ロープ場。

f:id:solohiker:20180512183157j:plain

f:id:solohiker:20180512183211j:plain

f:id:solohiker:20180512183225j:plain

f:id:solohiker:20180512183239j:plain

 

 

鎖場。

f:id:solohiker:20180512183253j:plain

 

ロープや鎖でなく、岩をしっかりホールドすれば問題ない。

 

やがて東峰

 

f:id:solohiker:20180512183307j:plain

 

 

先に西峰が見えるが、今回はパス。

お鉢めぐりで一周できるし、過去にめぐったこともあるが、正直、高所恐怖症で、東峰に登るまでに気力消失。

やはり由布岳は山頂付近が怖い。

 

 

f:id:solohiker:20180512183316j:plain

 

 

由布岳は登りやすいが、山頂付近は怖いし危険性もある。

それでも登らずには満足出来ないので、次回はお鉢巡りをやりたいと思う。

近くには由布院温泉や志高湖キャンプ場があり、キャンプ場でテン泊しつつ山に登り、その後は由布院温泉につかるなど最高ではないか。

 

こんな楽しみがいっぱいの山行は最高ではないか。

 

もちろんそのためにはお金が必要。

充実した山行のために、いかにお金を生み出し、キープするかもこのブログのテーマにしたい。

 

取り敢えず、今回は果たせなかったお鉢めぐりを次回に実施したい。

あと、志高湖キャンプ場の紹介や、由布院の温泉案内ができれば最高。

ただし、由布院温泉に関しては、安い温泉の紹介になってしまうが、それはそれで需要があるのと思う。

 

 

 

 

 

 

【タイム】

8:15 東口登山口発 ~ 9::50 東峰 ~ 11:20 登山