ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2017.05.25 竹鶴17年

 

とにかく、最近の睡眠の質の低下に悩んでいる。

 

年をとって、夜中にトイレに行くため目覚めてしまうが、これは仕方がないことか。

だが、目覚めた時の体のダルさがかなりひどく、起きた時点で既に疲れを感じてしまっている感じ。

 

正直、原因は分かっていた。

 

酒だ。

 

仕事を終えて帰宅すると、先ずウイスキーをちびちびと飲み始める。

帰宅して洗濯や夕食作りをするが、何よりも先行して、ウイスキーを飲み始めることが多い。

 

しかも、ウイスキーは割ってはいけない。

基本ストレートであり、チェイサーを併せて飲みながら、ウイスキーの美味さを味わえと習っているため、今でもウイスキーはストレートが基本。

 

確かに、香りと甘さがたまらない。

ハイボールや水割りが人気なようだが、どうも抵抗がある。

 

話がずれたが、このように夜勤がない限り、ほぼ毎晩晩酌をしていた。

話したように、先ずはウイスキー、その後、ビールだったり日本酒を飲む。

 

しかも、1日にこれだけ飲むというルールが無く、眠くなるまで、またはもう飲めないと思えるまで飲んでしまう。

 

帰宅後すぐに飲むので、次の日までに残ることはまれだが、出費にしめる酒代が結構なウエイトを占める結果に。

 

ウイスキーも日本酒も、千円前後の安酒に抑えているが、こう毎晩飲んでは結構な出費になってしまう。

しかも、その飲酒のせいで安眠が得られない・・・・。

 

ということで、やがて晩酌を止めようと考えている。

そして、持っていた安酒は全部飲み切ることにした。

 

後は、残しておいた良い酒。

 

ウイスキーで残っていたのは「竹鶴17年」。

ドラマの影響で、需要が伸びたようで、なかなか手に入らないようだ。

価格も上がっていると聞く。

 なので、とっておけば良いのだが、もうがまんが出来ず、良い睡眠を得るためだとの名目で、飲むことにした。

 

以前はバカラのグラスを持っていたが、あっさりと割ってしまい、手元にあるのは100均のショットグラスのみ。

 

日本酒などはチタンマグで飲んでいるが、さすがにマグで飲むのは勿体ないと思う。

 

グラスにそそいだ17年ものは、さすがに700円前後の安ウイスキーと比べると、色も香りも上質。

f:id:solohiker:20180525192153j:plain

 

 

あぁ、美味しすぎる。

断酒よりも、良い酒を少しずつ呑むのが幸せではないのか?

あっさりと心が揺らいでしまう。

 

酒を断てばもちろん健康には良いだろう。

しかし、酒の代わりにどう幸せを得る?

 

この竹鶴17年の他にも、まだ良い焼酎と日本酒が残っているのでそれらを呑みながら考えよう。