ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2018.11.11 根子岳(箱石釣井尾根ルート)

今日は根子岳に行くことにした。

これまで何度も根子岳に登っているが、一番行っているのは大戸尾根ルートだと思う。

たしかに大戸尾根ルートは登りやすいと思う。

しかし、最初に牛に道を阻まれる可能性があり、実際に断念したこともあった。

 

根子岳には他にも幾つも登るルートがあり、今回は初の、箱石釣井尾根から根子岳を目指す。

 

そういえば、以前、一度だけ、ヤカタガウドルートから登ったことがあった。

きつかったが、楽しかった気がする。

 

そのヤカタガウドルートも熊本地震のため、今では登れないのだと思う。

 

取り敢えず、今回は箱石釣井尾根ルート。

別に釣井尾根ルートがあるが、今回はその先の箱石釣井尾根ルートから登る。

 

国道沿いに登山ポストがあるので、そばの空き地に車を止めてから出発。

 

f:id:solohiker:20181112193229j:plain

 

 

登山ポストの脇にある舗装道を下っていく。

なお、そのまま舗装道を進むと砂防ダムまで行ってしまうが、それは誤り。

f:id:solohiker:20181112193254j:plain

 

 

下り始めてすぐ右側に赤色のテープがあり、そこから右手に見える尾根に移るのが正解。

下の写真に赤テープが見えるが、分かる?

最初、これを見逃して砂防ダムまで行ってしまった。

f:id:solohiker:20181112193325j:plain

 

 

この写真にも、右折を示す赤テープがある。

f:id:solohiker:20181112193340j:plain

 

 

2箇所ほど下りの入り口があるが、要は向こうの鉄塔に着けば良い。

f:id:solohiker:20181112193352j:plain

f:id:solohiker:20181112193404j:plain

 

 

とりあえず、この鉄塔を目指せ。

f:id:solohiker:20181112193416j:plain

 

 

後は林の脇にあるトレイルを進んでいくだけ。

基本は上りがずっと続く。

眺めが良いわけではないが、時期的に光を浴びたススキが美しい。

f:id:solohiker:20181112193428j:plain

f:id:solohiker:20181112193436j:plain

f:id:solohiker:20181112193446j:plain

f:id:solohiker:20181112193455j:plain

 

 

それほどメジャーではなく、むしろマイナーなルートだと思うが、踏み跡はしっかり残っていたので助かる。

f:id:solohiker:20181112193507j:plain

f:id:solohiker:20181112193517j:plain

f:id:solohiker:20181112193527j:plain

f:id:solohiker:20181112193538j:plain

f:id:solohiker:20181112193547j:plain

f:id:solohiker:20181112193558j:plain

f:id:solohiker:20181112193608j:plain

f:id:solohiker:20181112193618j:plain

f:id:solohiker:20181112193631j:plain

f:id:solohiker:20181112193642j:plain

 

 

その後、根子岳東峰に登頂。

結局、自分と同じルートを利用している登山客は皆無だった。

f:id:solohiker:20181112193651j:plain

 

 

先には天狗峰。

f:id:solohiker:20181112193702j:plain

 

 

崩壊して現れた白い肌が痛々しい。

それにしても、この天狗峰を見るたびに後悔する。

 

根子岳に何度も登っていても、天狗峰には登れなかった。

無理をすれば行けたのかもしれないが、やはり恐怖心が勝ってしまい、とにかく先ずクライミング技術を身に着けてから挑戦しようと言い訳をして、登るのを避けていた。

 

でも、無理しても挑戦すべきだった。

もう登れないのか。

 

でも、技術があれば登れなくもない気がする。

だから、いつの日か登ってやる。

 

f:id:solohiker:20181112193711j:plain

 

 という思いを抱きながら、来た道を登る。

 

今回の箱石釣井尾根ルートは見晴らしが良いわけでもなく、特に面白いという感じではなかった。

 

いつものように山菜を探しながら登ったが、なんにも見つからず。

 

ということで、もう登ることはないと思う。

 

【タイム】

10:25 登山口 ~ 12:05 登頂 ~ 13:03 登山口