ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2019.01.26 九重(中岳、久住山)

暖冬のためか、今冬は全く雪が降らなかったが、寒波の訪れで結構な雪が降るとのことだったので九重へ。

 

途中の道も雪が積もっており、スタッドレスタイヤかチェーンが無いと厳しいかも。

 

f:id:solohiker:20190126190934j:plain

 

 

 

牧の戸登山口の駐車場に到着。

駐車場で4,5センチほどの積雪がある。

寒波が接近中の良い天気でもないのに、そこそこの車が止まっている。

 

f:id:solohiker:20190126191230j:plain

 

 

登山スタート。

周りの人たちは結構な確率で軽アイゼンなどを付けているが、まだ不要と思い、そのまま登り始めた。

 

見たかった雪の中の登山口。

f:id:solohiker:20190126191351j:plain

 

 

相変わらず思うが、登山口からの最初の登りが一番きつい。

f:id:solohiker:20190126191537j:plain

f:id:solohiker:20190126191621j:plain

 

f:id:solohiker:20190126191756j:plain

f:id:solohiker:20190126191808j:plain

 

 

沓掛山。

f:id:solohiker:20190126191816j:plain

f:id:solohiker:20190126191830j:plain

f:id:solohiker:20190126191840j:plain

 

 

星生分かれ。

今回、星生山には登らず。

f:id:solohiker:20190126191848j:plain

 

 

先に進むほど風が強くなっていく。

下の写真は舞い散る雪を撮っているのだが、残念ながら所有するカメラの性能では全く撮れていなかった。

これからブログを充実させるには、それなりの投資が必要だということか。

欲しい山道具もたくさんあるが、高性能のデジカメも欲しいものリストの上位に挙げなくてはならない。

f:id:solohiker:20190126191859j:plain

 

 

 

避難小屋。

隣のトイレは冬季閉鎖中ということで、扉に鍵が掛けられ、中に入れなかった。

f:id:solohiker:20190126191914j:plain

f:id:solohiker:20190126191938j:plain

 

 

久住別れを過ぎ、先ず中岳を目指す。

f:id:solohiker:20190126191957j:plain

 

 

樹氷も良い感じ。

f:id:solohiker:20190126192008j:plain

f:id:solohiker:20190126192027j:plain

 

 

中岳手前の御池に到着。

凍っていれば歩くつもりだったが、残念ながら、完全には凍っていなった。

湖岸から凍って中央に達すると思っていたが、湖岸付近と中央部に氷があり、それが最終的につながる感じに見えた。

f:id:solohiker:20190126192042j:plain

f:id:solohiker:20190126192052j:plain

 

 

樹氷を愛でながら中岳を目指して進む。

f:id:solohiker:20190126192144j:plain

f:id:solohiker:20190126192203j:plain

 

 

そして中岳登頂。

かなりの強風で、ちょっとした吹雪の状態。

長居するのは無理で、写真を撮ってすぐに下山開始。

f:id:solohiker:20190126192214j:plain

 

 

エビの尻尾。

f:id:solohiker:20190126192228j:plain

 

 

続けて、久住山へ。

こちらも上に向かうほど、風が強い。

頭や顔を覆うフードとゴーグルやサングラスがないと厳しい。

f:id:solohiker:20190126192240j:plain

f:id:solohiker:20190126192256j:plain

 

久住山

こちらも風が強すぎたため、写真を撮ってすぐ下山を開始した。

f:id:solohiker:20190126192317j:plain

 

 

下に降りるほど風は穏やかになっていったが、雪はずっと振り続けていた。

しかし、結局、今回のコースではアイゼンが必要な場所はなかった。

f:id:solohiker:20190126192331j:plain

 

 

駐車場に到着。

車も積雪も増している。

相変わらず雪も降り続けており、除雪車が通るのを待とうかとも思ったが、急いで帰ることにした。

f:id:solohiker:20190126192344j:plain

 

本当は坊ガツルにテントを張って、雪見酒と考

えていたが、どちらが正解だったか。

 

とにかく、雪はテンションが上りまくる。

寒波がやってくると聞いて喜ぶ九州の人は山に登る人くらい?

 

できれば、今冬に雪の中の坊泊をやりたい。

 

 

 

【タイム】

8:00牧の戸駐車場 ~ 8:21沓掛山

~ 9:55中岳 ~ 10:35久住山

~ 12:08牧の戸駐車場