ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

【山道具】 クライミット イナーティア Xフレーム スリーピングマット

これまで使っていたエアマットが空気抜けするようになり

新たにエアマットを購入した。

 

購入したのは、クライミット社のイナーティア Xフレーム

スリーピングマット。

 

 

 

 

シュラフの下に敷くのではなく、シュラフの中に入れる

タイプがあるとは知っていたが、スルーしていた。

 

しかし、四角さんの本を読み、こんな人が選ぶのなら

間違いないだろうと購入を決意。

 

 

 

f:id:solohiker:20190506142944j:plain

 

 

さすがにコンパクト。

f:id:solohiker:20190506142950j:plain

 

 

 

広げて、口から空気を入れるとあっという間にパンパン。

なお、本体のほか、小さなポンプが付いているが

これは微調整用な気がする。

 

f:id:solohiker:20190506044140j:plain

 

 

シュラフの中にいれて完成。

f:id:solohiker:20190506044151j:plain

 

 

写真はこれで終わり。

 

で、使ってみた感想だが、先ずは「とても軽量」。

これだけ骨抜きされているので、軽いのは当然だが

やはり参考で軽いのはありがたい。

 

次に感じたのは、「寒さを防げない」ということ。

5月に入ったが山の朝はまだ寒い。

そして、この骨抜きマットでは、地面からの冷気を防げない。

 

今回は、グランドシート、テントの床、オールウェザーブランケット、その上にシュラフ、エアマットという順だったが

朝は結構寒気がした。

 

もうひとつの感想は「空気が完全に抜けない」だ。

 

空気を入れるのはとても簡単。

 

抜く際も、単にバルブを引いて、中の空気を押し出すだけで良い。

 

しかし、最後に残ったあと少しの空気が抜けない。

 

どれだけ力を込めて出そうとしても、バルブから出ていかないのだ。

 

そこで、少し空気が残っているマットを無理やり丸めて

収納袋に強引に収めた。

 

四角氏も冬場の参考はしないらしく、このマットも温かい

時期にしか使わないのだろうが、確かに冬場には使えない。

 

また、収納する際にストレスが掛かるのであれば、余り

長い付き合いは期待できないかもしれない。

 

まぁ、これから夏場を迎えるし、あと何回かテストできる

機会があると思うので、使い倒して判断したい。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 


登山・キャンプランキング