ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2019.05.11 岩井川岳・仙酔峡

今日は本山登山道から稲星山、さらに中岳に行こうと

自宅を出発。

 

前回の赤川登山口を過ぎて進んでいくと、登山口と

キャンプ場方面に分かれる分岐が出てくるので、これを

右の林道方面に進む。

 

f:id:solohiker:20190511104214j:plain

 

 

間もなく、駐車場が現れるのでそこに止めた。

他の車両は無し。

 

f:id:solohiker:20190511104323j:plain

 

 

さて、登り始めようかと思ったところで、登山ポストに

「登山禁止」との文字。

 

f:id:solohiker:20190511104426j:plain

 

この本山登山道は封鎖されているらしい。

ただ、2017年12月20日時点と書いてあるので

今現在はどうか不明。

ヤマップの情報を検索したが、最近このルートを利用した

記録は見つけられなかった。

1年半ほど経っているので、もう危険箇所はないかも。

しかし、誰も利用しないルートでトラブルがあったらアウト。

そこで引き返し、別ルートで別の山に向かうことした。

 

f:id:solohiker:20190511104434j:plain

 

 

という訳で、以前から気になっていた瀬の本登山口から

登ることにした。

ここから扇ヶ鼻を経由して九重連山に行けるようだ。

f:id:solohiker:20190511104449j:plain

 

 

登山ポストもある。

f:id:solohiker:20190511104455j:plain

 

 

中盤までは、林の中をなだらかに登っていく感じ。

f:id:solohiker:20190511104502j:plain

 

 

登り始めて間もなく、左手に少し拓けたスペースが

現れる。

 

f:id:solohiker:20190511104509j:plain

 

 

 

その拓けたスペースの先にも道があり、ピンクのテープが

目立っている。

おそらく林業関係の目印なのだろう。 

f:id:solohiker:20190511104522j:plain

 

 

道なりに右に進むのが正解。

f:id:solohiker:20190511104515j:plain

 

 

この後も林の中を歩き続ける。

f:id:solohiker:20190511104531j:plain

f:id:solohiker:20190511104539j:plain

 

 

タラの芽はしっかり育ってしまっていた。

f:id:solohiker:20190511104548j:plain

f:id:solohiker:20190511104557j:plain

 

 

木々に日光を遮ってもらい、気持ちよく進んでいたが

次第に不快に。

原因は「蜘蛛の巣」。

どうして顔の高さに蜘蛛の巣があるのか。 

f:id:solohiker:20190511104605j:plain

 

 

蜘蛛の巣を避けるには、遅めに出発して誰かに

先に行ってもらう、または、そもそも登らない。

やがて暑くなるし、虫たちもまとわりつく。

苦手な時期が近づいてきた。

 

とは言っても、自然の中を歩くのは気持ちが良い。

f:id:solohiker:20190511104616j:plain

 

 

後半、笹が両脇を覆う感じになる。

朝露を受けて、ズボンもシューズも濡れてしまった。

f:id:solohiker:20190511104627j:plain

f:id:solohiker:20190511104641j:plain

 

 

分岐点。

右に曲がって岩井川岳を目指す。

f:id:solohiker:20190511113744j:plain

 

 

 

笹で覆われたルート。
f:id:solohiker:20190511104655j:plain

f:id:solohiker:20190511104713j:plain

 

 

どうやらここが山頂らしい。

f:id:solohiker:20190511104723j:plain

 

 

手書きの粗末なプレートが置かれていた。

f:id:solohiker:20190511104732j:plain

 

 

阿蘇山。

f:id:solohiker:20190511104742j:plain

 

 

扇ヶ鼻方面。

まだミヤマキリシマの時期には早いので、引き返すことにした。

f:id:solohiker:20190511104750j:plain

 

 

ミヤマキリシマといえば、仙酔峡のミヤマキリシマは

今が見頃らしい。

そこで、仙酔峡へ。

f:id:solohiker:20190511104828j:plain

 

 

観光客も意外と多い。

f:id:solohiker:20190511104850j:plain

f:id:solohiker:20190511104859j:plain

 

 

確かに綺麗に咲いていた。

f:id:solohiker:20190511104912j:plain

f:id:solohiker:20190511104925j:plain

f:id:solohiker:20190511104939j:plain

f:id:solohiker:20190511104948j:plain

f:id:solohiker:20190511104958j:plain


早く扇ヶ鼻のミヤマキリシマを見たい。

 


【タイム】
6:30登山口 ~ 7:46分岐 ~ 7:52岩井川岳
~ 8:48登山口

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

阿蘇・九重(2019年版) 由布岳 (山と高原地図)
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/5/11時点)

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

 


登山・キャンプランキング