ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2019.05.12 由布岳山開き

一昨年、昨年と九重の山開きには参加していたが

由布岳の山開きには行ったことがなかった。

 

九重では結構な人と車が押し寄せるが、由布岳の

場合はどうなのか。

 

ネット情報では、こちらもかなりの人がやってきて

前日から駐車場で車中泊する人もいるようだ。

 

そこで前日の土曜日から出掛けて、駐車場には

午後6時過ぎに到着。

 

確かに無料駐車場に10台近く、道向いの

有料駐車場にも同じくらいの車が泊まっていた。

f:id:solohiker:20190512131017j:plain

 

 

 

駐車場に車を止め、持参した酒と肴で一人宴会。

そのまま眠り込んだのだが、午前2時過ぎから

周囲から物音。

外を見てみると、ヘッデンをつけた人たちが

由布岳を目指して登り始めていた。

確かにこの時間から登れば、下山しても

山開き祭に参加できる。

自分の場合、この時点で山開きだけに参加しようと

決めていたので、再び眠った。

この後、午前5時に起床。

目覚めると、無料駐車場は満杯。

有料駐車場もかなりの数の車が止まっていた。

なお、山開きの日は、有料駐車場も無料のようだ。

f:id:solohiker:20190512131023j:plain

 

 

目的は山開きへの参加だが、正確には午前8時半

から配られる記念品。

7時過ぎから並べば良いのだろうと車の中で読書を

していたが、気になって7時前に会場を見てみると

すでに150人近くが並んでいた。

そこで慌てて列に並ぶ。

f:id:solohiker:20190512131033j:plain

 

 

時間とともに列が伸びていく一方で、この列には

加わらず由布岳を目指す人も結構いた。

f:id:solohiker:20190512131038j:plain

 

 

そして手に入れたのが、このハット。

九重のペナントよりお金が掛かっている。

f:id:solohiker:20190512131045j:plain

 

 

このハットをもらって帰宅。

なお、会場にはスーパーボランティアの尾畠さんが

いた。

気さくに握手や写真撮影に応じられており、自分も

写真をと思ったが、周りに多くの人が囲んでおり

諦めた。

 

さて、6月は九重の山開きだが、どうしたものか。

由布岳の場合、登山口前の広場でやるので、登る

必要がない。

また、きれいに整列して記念品を受け取る形。

それに対して、九重は山頂で開催されるので

そこまで登らなければならない。

また、山頂なので並んだりできず、いつも記念品の

ペナントは激しい争奪戦となる。

まさに奪い合いであり、下手すると怪我をする

可能性がある。

 

となると、九重はパスか。

来年も由布岳の山開きに行こう。

 

山開き対策は以下のとおり。

・前泊は不要。当日、4時、5時に行っても

 有料駐車場(当日は無料開放)に止められる。

・7時前には行列が出来始めるので注意。

・早く並ぶだけ待ち時間も長くなるので、

 椅子を持参した方が良い。(会場は平ら)

 

 ↓ こちらはキャンプにはもってこいで自分も

持っているが、ホームセンターに売っているような

小さめの折りたたみ式の方が良いかも。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

 


登山・キャンプランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加