ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2019.08.03 目丸山(青石登山口)&馬力屋

この夏に九州脊梁の縦走を計画しており

計画ではスタートは内大臣林道を抜けた

小松神社登山口からにしている。

そこで、下見を兼ねて山行向かった。

 

f:id:solohiker:20190806062339j:plain

f:id:solohiker:20190806062356j:plain

 

 

内大臣林道は予想どおり全面通行止め。

通行止めの看板はいつも出ている気がして

普段ならそのまま林道に進んでみるのだが

今回は入り口にコーンが置かれているので

すぐに断念して、迂回路から目丸山を目指す

ことにした。

f:id:solohiker:20190806064513j:plain

f:id:solohiker:20190806062429j:plain

f:id:solohiker:20190806062514j:plain

 

 

目丸山青石登山口に至る林道の情報は少なく

2017年の情報では途中が崩落していたりして

登山口手前に車を止めたという記事もあった。

しかし、しっかり整備されているとは言い難いが

登山口まで車で行くことができた。

f:id:solohiker:20190806062537j:plain

f:id:solohiker:20190806062548j:plain

f:id:solohiker:20190806062702j:plain

 

 

 

今回は時間がなく、目丸山から京丈山への

縦走は断念し目丸山まで登ることにした。

 

f:id:solohiker:20190806062906j:plain

 

 

登り始めて間もなく、前方にピンクのテープ、

右側にロープが現れる。

ここはロープの方に進むのが正解。

ピンクのテープは林業従事者用だと思う。
f:id:solohiker:20190806062833j:plain

 

 

この後はテープに従うことになる。

急坂はないが、ゆっくり登り続ける感じ。

すでに太陽は高く日差しもきついが、このルートは

ほとんど林の中を歩くため、暑いとは感じなかった。

f:id:solohiker:20190806062931j:plain

f:id:solohiker:20190806062955j:plain

f:id:solohiker:20190806063012j:plain

 

 

途中で見つけたキノコ。

名前が分からず 、スルー。

あとで辞書を調べたが、「ドクヤマドリ」か?

やはり知識がないとダメだ。

f:id:solohiker:20190806063038j:plain

f:id:solohiker:20190806063055j:plain

 

 

分岐から目丸山の山頂の手前から

トレイルがロープで囲まれる感じに。

f:id:solohiker:20190806063114j:plain

f:id:solohiker:20190806063134j:plain

 

 

恐らくカタクリ

f:id:solohiker:20190806063214j:plain保護するためだと思う。

そして山頂。

以前に登ったはずだが、余りにも残念な山頂。

f:id:solohiker:20190806063236j:plain

 

 

登頂後は、すぐに下山。

f:id:solohiker:20190806063314j:plain

 

 

帰りに馬力屋に寄り馬力スペシャル注文。

個人的には太一、大仙の味には及ばないか。

f:id:solohiker:20190806063356j:plain

 

 

しかも、併せて注文した肉飯が最悪。

おそらく、ラーメン用のチャーシューの

切れ端を使っているのだろうが、器に盛られた

チャーシューのほとんどが焦げたもの「美味しいお焦げ」

ではなく、単なる「炭化した体に悪いもの」の集まり。

ほかの人の評価では「これで250円は安すぎる」とも

あったが、焦げを食わせて金を取るのは許されないだろう。

残念な気持ちで店を去った。

f:id:solohiker:20190806063408j:plain

 

 

九州脊梁縦走を実行するまでには内大臣林道は

普及していないだろう。

となると、今回の青石登山口がスタート地点となる。

幸い、今回の山行でそれほどハードではないと

分かったので、ここを利用したいと思う

 

【タイム】

9:08 登山口発 ~ 10:08 分岐 ~ 10:25 目丸山

~ 11:25 登山口着

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しっかり見わけ観察を楽しむきのこ図鑑 [ 中島 淳志 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)


 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 


登山・キャンプランキング