ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

2019.11.04 「竹田の中華そば こっとん」

今回訪れたのは、大分県竹田市にある

「竹田の中華そば こっとん」。

 

祖母山の神田ルートの登山口近くにあるラーメン屋さん。

 

お隣りで水が汲めるので、水汲みついでに立ち寄ってみた。

 

f:id:solohiker:20191104185926j:plain

 

 

初めての店なので、余計なトッピングが入った品は頼まず

シンプルな中華そば(730円)の大盛り(+150円)で。

 

やってきたのがこちら。

f:id:solohiker:20191104185732j:plain

これが醤油ラーメンというものか。

正確にはラーメンではなく、中華そばだが。

 

スープは透き通って刻んだ玉ネギが浮いている。

ちぢれ麺の周りには、すごく小さなチャーシュー2切れと

薄く切ってあるナルトとゆで卵。

その他に、ほうれん草としいたけも浮かんでいる。

 

 

スープからいただくと・・・ごく普通。

麺は・・・カップ麺のちぢれ麺と変わらない。

     量も大盛りでも足らない感じ。

チャーシューは・・・美味しいけど小さ過ぎ。

           ナルトもゆで卵もペラペラ。

 

結論としては「良い値段取るくせに、量は少ないし

味はカップ麺の醤油味と大して変わらない」だった。

 

もともと醤油味に馴染みがない。

だからこそ、よく関東発信のテレビで芸能人が感動している

醤油ラーメンに期待していたが、この程度なのか。

 

まあ、厳密に言うと、ラーメンでさえなく中華そばだが。

 

手間暇掛けてこの値段なのかもしれないが高すぎる。

せいぜい600円だろう。

 

まあ、九州生まれの九州育ちなので

豚骨原理主義者とまではいかないが

豚骨ラーメンが根底にある。

 

しかし、テレビで芸能人たちが中華そばを食べて

感動するシーンを見て、正直憧れがあった。

 

それなのに・・・中華そばとはこの程度?

芸能人たちはこの程度で感動していたの?。

 

まあ、そう言いながら、自分も純粋な豚骨ラーメンではなく

豚骨醤油の太一商店に通い続けているので、豚骨原理主義とも

言えず、偉そうなことは口にできないのだけれども。

 

結局、醤油ラーメンはカップヌードルや拉王で十分と

分かった。

 

これからは迷うことなく、豚骨(豚骨醤油)で行こう。

 

 虚しかったので、ちょっぴり周辺を散策。 

f:id:solohiker:20191104190049j:plain

f:id:solohiker:20191104190203j:plain

f:id:solohiker:20191104190349j:plain





 

 


 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 


節約・貯蓄ランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加